今度も塩対応なのか?再びトヨタの一ヶ月点検に行ってきた

エスクァイアマイナーチェンジ 車のこと

わが家は以前エスクァイアのブラックテーラードに乗っていましたが、現在は福祉車両のエスクァイアのサイドリフトアップシート車に乗っています。

2017/10に発売された比較的新しいクルマということで、一部オプションの値段設定が出来ていなくてその場で設定されたというようなこともありましたが、そんなクルマを再び新車無料一ヶ月点検に出してきました。

前回はサラッとした対応をされてなんだかなと思ったのではありますが、今回の一ヶ月点検ではどのようになるかが楽しみです。

前車のエスクァイアでの一ヶ月点検に関することは「必要あるのか無いのか?新車1ヶ月点検に行ってきた」にて書いてありますので、よろしければ見て下さいませ。

一ヶ月点検でのスタッフ対応

実際のところ、一ヶ月点検の内容に関しては車検ほどしっかりとはしていません。初期の不具合があるかどうかをチェックするのが基本ですので、何もないことが多いのです。

その中でも購入後にユーザーが安心してクルマを使えるというイメージを与えるというのが、やはり接客としては必要になります。点検に出すということは、クルマに不具合が無いこと、不具合があったら対応してもらうということをユーザーは期待しているのですね。安心してクルマを使えるというユーザーの要求をスタッフが満たすのです。

そんな無料点検でもあまりにもスタッフの対応が悪ければ、クルマが良くても嫌な思いをしたからあの店に行かない、となって車検も他の店で行うということになりかねません。

例えばあるトヨタ店で購入したクルマを、スタッフの対応が悪いためにトヨタ店でも違う店舗に車検整備に入れられたのであれば販売店のメンツが丸つぶれになり、アフターマーケットが重要なクルマ業界での接客は、販売スタッフのみならず整備スタッフも気が抜けない所なのです。

今回の一ヶ月点検にあたり、前回は塩対応と感じた店舗において、今回はどうな感じで行うのかという妙な視線でみてみました。

受付時

予約は事前に取ってあったので、スタッフに受付してもらいました。

気になる所や問題点があるかどうかを聞かれたので、前回の塩とは違う!と驚きました。実際は不具合があるかどうかを聞くのは普通のことなのですが、前回の対応がアレだったので今回はギャップで印象が良く感じましたね。

点検でやってもらうことは変わらないので、作業が終わるまでは店内で待機となります。フリードリンクを頂きながら終了まで待ちます。

点検終了時

点検担当したメカニックが来て、点検で行ったことを説明してくれます。普通は。

今回もメカニックからは何をチェックしたかはほとんど説明は無く、空気圧の調整を行ったという報告だけでした。

どの項目をチェックしたかは普通ユーザーは知らないので、さらっと説明するだけでもどこをチェックして大丈夫だったという安心感が得られます。

ユーザーに安心感を与えるために、点検内容の説明はもう少し頑張って欲しい所だと思いました。整備記録を見るユーザーなんてほとんどいないのですよ。面倒くさいから。

とは言え、担当してくれたメカニックは笑顔で対応してくれましたし、話すときにしゃがんで椅子に座っているユーザーよりも低い目線にする、という基本は行っていたので、そんなに悪い印象はありませんでした。

若いメカニックのようでしたが、今回非常に爽やかな感じを受けました。

また、クルマで帰るときも、最後まで爽やかな笑顔で見送ってくれたので、若いメカニックだからこその非常に良い対応だと思いました。ベテランは要注意。

一ヶ月点検が必要かどうか

新車の一ヶ月点検を受けるかどうかは迷う人もいるかも知れませんが、万が一見つかった初期不良は大抵無料対応になるので、できるだけ受けたほうが良いですよ。

かと言って、無理に受ける必要も無いかも知れませんので、不具合を感じなければ受けなくても問題は無いと思います。

点検内容は

室内点検

  • ブレーキペダルの遊び
  • パーキングブレーキの引きしろ(踏みしろ)

エンジンルーム点検

  • ブレーキ液量、クラッチ液量(MT)
  • エンジンの低速および加速の状態
  • エンジンオイル量・汚れ・油もれ
  • 燃料もれ
  • 冷却水量
  • トランスミッション、トランスファの油量・油もれ

下まわり点検

  • ステアリングギヤボックスの油もれ
  • パワーステアリング機構の油量・油もれ
  • デファレンシャルの油もれ
  • ブレーキ配管の損傷、油もれ、取付状態

のはずです。空気圧チェックは入っていませんが、タイヤの不具合はアフターサービスの基本なのでチェックを行っているのが普通です。

再び一ヶ月点検を受けた感想

前車のエスクァイアで塩対応された時と同じ店舗で一ヶ月点検を行ったのですが、前回(1年3ヶ月ほど前)に比べるとだいぶ対応が良かったと思います。

前回のスタッフとは違いますので、前回の塩対応と今回の良対応についてはスタッフの出来の違いかもしれませんし、改めて教育が行き届いたのかもしれません。

自分が行く店舗に関しては、やはり塩対応ですとつまらないので、このまま良対応で頑張っていって欲しいと思いました。

自分が行った店舗に関して言えば、概ね担当営業は優、メカニックは良、フロントスタッフは可というところでしょうか。自分の作業中に声をかけられてリズムを乱すかもしれませんが、フロントは声をかけられるのも仕事なのでフロントスタッフは頑張ってくださいませ。○

コメント

  1. KOUちゃん より:

    トヨタさんの対応にはびっくりしましたねえ。営業の女性以外一切名刺も自己紹介もなく、納車まで営業担当だけの対応。別に店長の名刺なんか欲しくないが、交渉時のミエミエの駆け引きといい開いた口がふさがりませんでした。納車も自走だそうですので、これは丁寧にお断りしました。納車で自走とは聞いたことがなかったので・・・・。これまでのディーラーとの対比で、国産だから仕方ないと自分に言い聞かせました。
    車は、とても良いですそれに価格も安いと感じてます。安全装置もフル装備だし、Tコネクト?の対応もすばらしい、会話スキル。国産でなければこの程度の内容を装備してたら価格は倍でしょうね。
    車検はまだ先ですが、違うトヨタさんで受けるつもりです。サービス毎を一切排除して車を安く提供できるといった発想だと理解して性能のよさを評価します。

    • タコわさび タコわさび より:

      トヨタのディーラーは、結構当たり外れが多いようです。幸い自分は良い担当にあたりましたが、ディーラーにクルマを自分で乗って行って点検に出したので、担当営業以外のスタッフが対応することがほとんどです。

      担当営業は良くても、フロントスタッフやメカニックの対応が良くなければ全体として悪い印象になってしまうのも仕方ありません。アフターサービスを行うのはディーラースタッフになりますから、ここはしっかりと対応して欲しいところですね。

      なお、納車に関しては費用もかかり結構事故やトラブルが多かったようなので、自走は多いようですね。