そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

必要あるのか無いのか?新車1ヶ月点検に行ってきた

calendar

reload

必要あるのか無いのか?新車1ヶ月点検に行ってきた

我が家にエスクァイアが納車されて約1ヶ月。新車1ヶ月点検をやってきました。

新車1ヶ月点検というのは、新車を購入してひと月したころに、その販売店が行なってくれる点検です。大抵は無料で点検を行なってくれますが、面倒だから行きたくない人もいらっしゃいますし、点検ということで結構大変に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方々の為に、今回ディーラーへ1ヶ月点検を受けに行きましたので、どのような流れがあったかを書いておきたいと思います。ちなみにエスクァイアの販売チャネルはトヨタ店とトヨペット店ですが、自分はトヨタ店で購入していますので参考までに。

スポンサーリンク

新車一ヶ月点検

新車一ヶ月点検とは、新車で納入したクルマに不具合がないかどうか、つまり初期不良があるかどうかを確認するのがメインの点検になります。

ついでに、ユーザーの満足度を聞いたり、次の点検についての案内を行うなど、6ヶ月点検や法定12ヶ月点検のように、しっかりと点検を行って安全を確認する、というよりは不具合が合ったら対応するというくらいのものになっています。

販売店にとってのアフターサービス(車検、点検、修理)につなげるものでもあり、次のクルマを購入するような継続的に利用するユーザー獲得の面もありますので、無料でもしっかりとやるべき点検なのですね。本来は。

新車一ヶ月点検をやらないとどうなるか

昔は、販売店が提供するサービスや要求する点検をすべて行わないと保証が無いと言われたことがありましたが、今はそこまできついものではありません。

メーカー保証自体がそれぞれのクルマに設定されていますので、その期間に関してはクルマの不具合が出ても対応してくれます。とは言え、エンジンオイル交換を怠ってエンジンの調子が悪くなって修理になった、などのユーザーの過失の場合はこの限りではないので、最低限やるべきことはやっておいたほうが良いです。

ですが、仕事で行けないなどで新車一ヶ月点検ができなくても、通常は大きな問題にはなりません。仮に初期不良が出てて症状が悪化してしまったとしても、保証範囲であれば対応してくれます。

なお、オプションの取り付けなどの不具合でしたら、気づいたら早めに販売店に相談したほうが良いです。ディーラーオプションでも車本体とは別にそれぞれに保証が付きますので、対応してもらいましょう。

新車一ヶ月点検の流れ

新車一ヶ月点検までに行われたやりとりです。

  • 納車時に営業マンから新車一ヶ月点検があるという案内があり、希望日時を聞かれます(決められなければ後日電話で予約できます)。
  • 販売店から一ヶ月点検の案内ハガキが届きます。
  • 前日に担当営業から電話連絡があり、新車一ヶ月点検の予定の最終確認をします。
  • 当日、販売店にクルマを持って行きます。案内ハガキがあるとスムーズに進みます。
  • あとは、販売店スタッフにクルマを預けて点検してもらいます。
  • 約30分で点検完了し、軽い説明を受けます。特に何も問題なければそれだけ言われて終わりです。
  • あとは、そのままクルマに乗って帰ります。

担当営業が居なくても点検予約してあればスムーズに進みますので、特に気にすることはありません。文にすると長いですが、一ヶ月点検の予約して当日販売店で点検してもらって終わりなので、やることは少ないので大丈夫です。

ディーラーのスタッフが発した言葉は「いらっしゃいませ」「お車をお預かりします」「点検終わりました。鍵はこちらです」「ありがとうございました」くらいのものです。

1ヶ月点検のチェック項目

トヨタでの新車1ヶ月点検の内容です。公式サイトに載っている情報ですが、実際1ヶ月点検を受けても特に何も言われなかったので、実際に何をチェックしたかは現場で聞いていない以上はわかりません。ですので、以下の項目の点検が大丈夫だったということで理解しておきましょう。

きっと大丈夫です。

室内点検

  • ブレーキペダルの遊び
  • パーキングブレーキの引きしろ(踏みしろ)

エンジンルーム点検

  • ブレーキ液量、クラッチ液量(MT)
  • エンジンの低速および加速の状態
  • エンジンオイル量・汚れ・油もれ
  • 燃料もれ
  • 冷却水量
  • トランスミッション、トランスファの油量・油もれ

下まわり点検

  • ステアリングギヤボックスの油もれ
  • パワーステアリング機構の油量・油もれ
  • デファレンシャルの油もれ
  • ブレーキ配管の損傷、油もれ、取付状態

他メーカーと比べてみる

メーカーによって、公開している新車1ヶ月点検のチェック項目が違いますが、書いていなくてもやっているような自動車メーカーとしては当たり前の点検もありますので、参考までにとどめておいてください(ライト点灯など)

日産

  • エンジンオイルの汚れ、量、オイル漏れ
  • 冷却水の量
  • エンジンの低速、加速の状態
  • 燃料漏れ
  • ブレーキペダルの遊び、踏みこんだときの床板とのすき間
  • パーキングブレーキの引きしろ(踏みしろ)
  • ブレーキホース・パイプの漏れ、損傷、取り付け状態
  • ブレーキ液の量
  • パワーステアリングのオイルの漏れ、量
  • ギヤボックスの油漏れ
  • クラッチ液の量
  • トランスミッション、トランスファのオイルの漏れ、量
  • デファレンシャルのオイルの漏れ、量
  • タイヤの状態(空気圧、溝の深さ、異常な摩耗)
  • ホイールナットとボルトのゆるみ
  • ライト、ウィンカーなどの作用

ホンダ

  • パワー・ステアリング・ベルトの緩み、損傷
  • ブレーキ装置
  • ブレーキのきき具合
  • パーキング・ブレーキ・レバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ)
  • ブレーキ・ホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態
  • エンジン
  • 点火時期
  • 低速、加速の状態
  • 燃料漏れ

マツダ

  • エンジンオイルの漏れ、量
  • 冷却水の量
  • ブレーキ液の量/クラッチ液の量
  • パワーステアリングオイルの量、漏れ
  • ファンベルトの緩み、損傷
  • バッテリーターミナル部の接続状態
  • 排気の状態
  • エンジンのかかり具合、異音、低速および加速の状態/燃料の漏れ
  • ブレーキペダルの遊び、踏み込んだ時の床板との隙間/ブレーキの効き具合
  • パーキングブレーキレバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ)
  • ステアリングギヤボックスのオイル漏れ
  • ブレーキホースおよびパイプの漏れ、損傷、取付状態
  • トランスミッションオイル、トランスファーオイル、ディファレンシャルオイルの漏れ、量
  • タイヤの空気圧/亀裂/溝の深さ/異物、異常摩耗
  • 灯火装置の点灯および点滅具合、汚れ、損傷/方向指示器の点灯および点滅具合、汚れ、損傷

最後に

大抵一ヶ月点検で不具合は出てきません(見つかりません)。ですが、万が一初期不良があると困るので、できるだけ新車一ヶ月点検は受けたほうが良いと思います。

また、それ以上に普段のクルマ管理が重要ですので、電球が点灯するかの確認、走行距離によるエンジンオイルの管理、法定点検はサボらないなど、しっかりと管理を行なっていきましょう。普段から少しずつ手入れをしていると、クルマの寿命も縮みにくくなります。せっかく新車を購入したのですから、大切にして楽しくクルマに乗っていきましょう。

念のためにディーラーサイトで、1ヶ月点検はどのようなことをチェックするのかを確認してみるのをオススメします。



スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す