楽天モバイルのメンバーズステーションへログインできないときの対処法

楽天モバイル新ロゴ 携帯・スマートフォン

楽天モバイルでは、メンバーズステーションという会員ページがあります。

住所変更やオプションの追加、プランの変更など、楽天モバイルを運用するにおいて必要なことは大抵このメンバーズステーションでできます。何かあればメンバーズステーションにログインすることになるので、結構重要なことなのですね。

ですが、パスワードを忘れたりなど、何らかの理由でメンバーズステーションにログインできなくて困ることがあります。そこで、メンバーズステーションにログインする方法をいくつか書いておきたいと思います。

楽天モバイルのメンバーズステーションログイン方法

楽天モバイルでのメンバーズステーションへのログイン方法ですが、大まかに2つあります。

  • ユーザーIDか電話番号を使う方法
  • 楽天IDを使う方法

です。基本はここをおさえておけば大丈夫です。

ユーザーIDは「ra」から始まる13桁の文字。電話番号は楽天モバイルで契約している電話番号です。パスワードは変更がなければ契約した時に設定したものになります。

そして、楽天IDは楽天市場でも使われるあの楽天IDです。こちらのほうが覚えやすい方はこちらでいきましょう。

メンバーズステーションにログイン出来なかった場合

ユーザーID、電話番号、楽天IDでパスワードなどを忘れたりしてメンバーズステーションにログインできなかった場合、もうひとつなんとかなる方法があります。それが、契約しているSIMの電話番号とSIM番号を使う方法です。

これは最初にログインするときに使ったりしますが、IDなどを忘れた場合でも使えますので、いざという時に役立つかもしれません。

楽天ブロードバンド Online Signup

用意するものは、契約時に渡されているはずの「SIMが付いていた台紙」です。この裏面に電話番号とSIM番号がかかれています。これを入力すると、ログインできますので緊急的な時には使ってみてください。もしくは、端末から電話番号、中のSIMからSIM番号を控えて入力しましょう。

入力に成功すると、raからの番号などが出てきますので、メモを取っておきましょう。この情報でメンバーズステーションにログインをすることができるはずです。

ログインできなくなるのを防ぐために

ログインができなくなるのは、ほとんどがIDやパスワードを忘れてしまうということです。楽天モバイル独自のIDやパスワードなどは忘れてしまうのがほとんどですので、基本は楽天市場でも使う楽天会員IDとパスワードを覚えておくのが良いです。

最終手段としてSIM番号を入れるというのもありますので、通常はなんとかなります。それでも入れない場合は、仕方ないのでカスタマーセンターに電話で相談することになります。

まとめ

楽天モバイルを使っている人は、楽天モバイルのIDを覚えていることはそうそうありませんし、パスワードも記号必須なので忘れてしまうこともあります。そんな時でも何とかなるのがSIM番号を使う方法です。これでアカウント確認ができますので、捨てずに大切にしまっておきましょう。

コメント