今年も楽しい東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018-2019

東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018-2019 おすすめスポット

今年も千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村ではウインターイルミネーションが開催されています。

今回は「関東三大イルミネーション」として選出されませんでしたが、過去何回か選出されているので知っている方もいらっしゃるかと思います。

毎年テーマが変えて変化しているイルミネーションは、大掛かりのものもあるので楽しめると思います。

2017-2018シーズンに引き続き、2018-2019シーズンも行ってきたので雰囲気を味わっていただければと思います。

東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018-2019 ドイツ村の奇跡

今年も行われたウインターイルミネーション。大きく分けて4つの楽しみ方があります。

  • 「音と光のショー」を楽しむ
  • 観覧車から地上絵を楽しむ
  • 無人カートに乗ってイルミネーションの中を突っ切っていくのを楽しむ
  • 地上絵のまわりなどを歩いて楽しむ

という感じでしょうか。また、明るいときと暗くなった時では全然感じが違いますので、そこもチェックしておきたいところです。

パンフレットの内容はこんな感じ

どこがイルミネーション会場なのかをチェックしつつ、イルミネーション点灯前に、まずは明るい時の東京ドイツ村をみてみましょう。

東京ドイツ村駐車場から

東京ドイツ村は、大きな駐車場もありますが、道路沿いに車を止めるスペースがあります。この場所は広場に近い場所で、子どもたちが元気に遊んでいるのが見えます。

東京ドイツ村道路脇イルミネーション昼間

道路近くにもイルミネーションのパーツが置かれています。

東京ドイツ村トンネル脇イルミネーション昼間

イルミネーションが点灯していなくても普通に入村できるので、設置されているものを楽しむことができます。夜になるとどの様になるかが楽しみです。

東京ドイツ村アンジーハウス昼間
ドイツ村のキャラクター、アンジーのお家

東京ドイツ村のキャラクターもイルミネーションになっています。

東京ドイツ村観覧車
東京ドイツ村の観覧車

夜になるとイルミネーションを見るために行列ができる観覧車です。かなり上から見ることができるのでおすすめです。

東京ドイツ村無人カート
イルミネーションが施された無人カート

5人乗りの無人カートがあり、イルミネーションが施された広場をカートに乗って楽しむことができます。

東京ドイツ村マルクトプラッツ昼間
東京ドイツ村マルクトプラッツにもイルミネーションが

マルクトプラッツの建物にもLEDがふんだんにあしらわれています。この場所がかなり熱いのでチェックしましょう。

東京ドイツ村吹奏楽

近くの高校の吹奏楽部が演奏をしています。この日は1日2回の演奏が行われ、その演奏会の間にもパートごとにいろいろな曲を演奏していました。

昼間はこのような感じの東京ドイツ村。暗くなっていくと徐々にイルミネーションが点灯し始めます。

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

「音と光のショー」を楽しむ

一番派手で気合が入っていると言えるのが「音と光のショー」です。マルクトプラッツと呼ばれる売店やレストランがあるエリアは、とても派手なイルミネーションが施されています。

周辺の建物や階段にまでイルミネーションが施されているので、かなり派手になっています。

東京ドイツ村イルミネーション点灯直後

建物の内側から見たイルミネーションです。カウントダウン後に点灯するので、来村者からは歓声があがります。

東京ドイツ村吹奏楽イベント2回目

吹奏楽のイベント中に点灯式のカウントダウンが行われ、演奏も続いていきます。床もLEDが点灯していますね。

東京ドイツ村イルミネーション(マルクトプラッツ)
東京ドイツ村イルミネーションの代表的な場所、マルクトプラッツ

東京ドイツ村のイルミネーションで有名な場所がここ。通常時でも結構派手ですが、音楽とシンクロした「音と光のショー」は必見!

「音と光のショー」の動画をスマホで撮っておいたので、画質など細かいことは気にせず雰囲気をみてください。

東京ドイツ村 ウインターイルミネーション2018-2019 光と音のショー [USA]」

今年は4曲あるのは確認しましたが、有名曲ばかりでしたね。音と光のショーは15分間隔くらいで行われますので、ゆったりと過ごしてみてください。

そして子どもたちに人気があったグッズも発見。

東京ドイツ村イルミネーションくじ
ピンぼけがひどいですが、イルミネーションくじも行われています。

1等から4等まであるイルミネーションくじがありました。景品はすべてLEDで光るものになっていて、1等が長いクッション、2等がハート型クッション、3等は普通の形のクッション、4等がスタッフお手製のイルミネーションアイテムです。

東京ドイツ村イルミネーションくじ4等
イルミネーションくじ4等

この4等が欲しかったので引いてみました。1回1000円。1等から3等が当たっても、希望であれば4等をもらうことができるとのことで、2等が当たりましたが4等をもらいました。

子どもたちの「あれ欲しい!」という声がよく聞こえましたので、かなり魅力的にうつるアイテムのようです。

東京ドイツ村で大人気のイルミネーションアイテム

家での置き場所などいろいろ困る大きさですが、暗い中では結構キレイに光りますので興味がありましたらどうぞ。

東京ドイツ村ウインターイルミネーション イルミネーションくじの人だかり

スタッフの方がバルーンを作りながらくじを行っていて、在庫状況によっては待たされることもありますので、早めに利用するのが良いかと思います。

観覧車から地上絵を楽しむ

東京ドイツ村の観覧車から、敷地に広がる地上絵を見ることができます。観覧車から見ることを想定した大きな絵が鑑賞できます。

観覧車入り口
一人500円で4名定員です

イルミネーション点灯時は観覧車周辺が暗くなっていますので注意しましょう。

観覧車ではよくある記念撮影をしたあとにゴンドラに乗り込みます。

東京ドイツ村地上絵1
観覧車に乗った直後の景色
観覧車が少々上がったときの風景
少し上がりました。観覧車の足元はこのようなイルミネーションです。
観覧車からの風景
かなり上に上がりました。上からでもはっきりとイラストが見えますね。
観覧車からの風景2
メインの会場が遠くに見えます。色々なオブジェクトが点在しているのですが、観覧車からは遠くてみにくいかもしれませんね。
観覧車からの風景3
イラストの右側にある網目状のイルミネーションは芝桜の畑となっている斜面です。その上の見晴台にもイルミネーションが点灯しています。
観覧車からの風景4
だんだん降りてくる頃に見えてくる文字付きの地上絵です。今年は「Good luck」ですね。

イルミネーションは左右に展開しているのではなく片方だけになっていますので、結構ゆっくりと見ることができます。毎年変わる地上絵を楽しんでください。

無人カートに乗ってイルミネーションの中を突っ切っていくのを楽しむ

東京ドイツ村ウインターイルミネーション無人カート
近くだと結構眩しい無人カート

昼間に見たカートが光りながら地上絵の中を走っていきます。1台2,000円で5人乗りということで、ひと家族が乗って楽しむことができますね。

東京ドイツ村ウインターイルミネーション無人カート乗り場
ゴルフ場にあるようなカートに乗って周りの景色を楽しみます。

地上絵のまわりなどを歩いて楽しむ

建物のイルミネーションや地上絵だけではなく、いくつかのオブジェなどもあります。

マルクトプラッツのオブジェ
マルクトプラッツにあるオブジェ。建物のイルミネーションが派手ですが、こういうイルミネーションもかなりしっかりとしています。
光のトンネル
観覧車そばにある光のトンネルです。すぐ横には昼間に見たイルミネーションパーツがあり、バンドが演奏しているように見えます。
光のトンネルの中
LEDの密度は高くないものの、キレイな配色がされているのでなかなかなものです。
アンジーのおうち
イルミネーションが点灯したアンジーハウス。アンジーの光量が少しすくないかな。
石
鉱石のオブジェが光っていますね。
地上絵
地上絵も下から見ると畑のような感じ。上から見るのとまた違った印象を受けますね。
地上絵2
無人カート乗り場から。きのこなどのオブジェがありますね。
セコムイルミネーション看板
何故かセコムのイルミネーション。
セコムのイルミネーション
これをバックに写真を撮ってSNSで投稿!みたいな感じらしいです。

他にもハートのイルミネーションや動物のイルミネーション、宝箱のオブジェなど様々なイルミネーションが点在しています。結構広い範囲に広がっているので、全部見るのはちょっと大変かもしれませんね。

東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018-2019は行って損はないイルミネーション

東京ドイツ村ウインターイルミネーション遠景

東京ドイツ村のイルミネーションは、過去に関東三大イルミネーションとして選ばれていただけあって、なかなか凝った演出があります。

特にマルクトプラッツエリアは派手なイルミネーションやギミック付きのイルミネーションがありますので、ぜひ楽しんでほしいです。

階段でさえもしっかりとしたイルミネーション演出がありますので、余すところなく見てくださいね。

東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク
千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク、東京ドイツ村の公式ホームページです。

コメント