そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

1日で東京ディズニーリゾート両パークに行くときに覚えておくこと

calendar

reload

1日で東京ディズニーリゾート両パークに行くときに覚えておくこと

東京ディズニーリゾートでは、同じ日に東京ディズニーランドと東京ディズニーシー両方自由に行けるチケットが存在します。

たとえば、3デーマジックパスポートや4デーマジックパスポートの3日目以降や2パーク年間パスポートを持っているときです。もしくは両パークのチケットを持っているという場合もあるかもしれません。

もし両パークに行くのであれば、覚えておいたほうが良いポイントをいくつか書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニー・リゾートラインの1日フリーきっぷを利用する

ディズニー・リゾートラインには1日フリーきっぷというものがあります。1回乗車で260円(子ども130円)なのですが、両パークに行くときは通常3回乗る事になります。3回以上ディズニー・リゾートラインに乗るのであれば、1日フリーきっぷを購入するのがお得になります。

1日フリーきっぷの料金は650円(子ども330円)ですので、3回普通乗車券で乗ると780円(子ども390円)かかりますので、130円(60円)お得になります。

また、一定期間の間に日付の違う使用済みフリーきっぷが3枚あるとピンバッジをもらるえるので、1年に数回東京ディズニーリゾートへ行かれる方は、ぜひ忘れないように使用済みフリーきっぷを持っていきましょう。

駐車場料金は2パーク利用でも1回分で済む

東京ディズニーリゾートの駐車場は、普通車で1日2,500円(土日祝3,000円)かかります。ですが、東京ディズニーシーに行って駐車場料金を支払って駐め、同じ日に東京ディズニーランドの駐車場に駐めると、東京ディズニーランドでは料金は徴収されません。

両パーク利用する場合でもどちらかのパークを利用する場合でも駐車場料金は変わりませんので、もし両パークに行くことになっても安心しましょう。

この際、当日に駐車場を利用した領収書が必要で、駐車場の料金所で提示することになります。ですので、両パークに行かれる方は決して駐車場の領収書を捨てないようにしましょう。

レンタルした車椅子も両パークで使える

車椅子も両パークで利用することができます。片方のパークで車椅子を借りる時にもう片方のパークに行くことを伝えましょう。パークから外に持ち出す場合はひとつ書類を書かなければなりませんが、レンタルした車椅子を利用しながらディズニー・リゾートラインで両方のパークを行き来することができます。

利用料金500円で済みますので、車椅子レンタルを利用して両パークに行くときは覚えておきましょう。

なお、車椅子に乗ったままパーク移動も可能ですが、一旦返却してからもう片方のパークで借り直すことも可能です。その場合は、一度車椅子を返却する時に水色の名札を車椅子から外して持っていきましょう。借り直す時に貸出証と名札が必要になります。

同じ日に東京ディズニーリゾート両パークに行くときのまとめ

東京ディズニーリゾートの両パークに行くのであれば、ちょっと知っておいたほうがお得なことを書いてみました。特に駐車場料金は高いので有効に利用したいところです。

片方のパークだけ利用する場合でも、片方のパークで遊んでもう片方のパークの園外のショップに寄ってお土産を買うこともできます。東京ディズニーランドであれば園外のショップやボンボヤージュやイクスピアリにも行けないことは無いので、せっかくのチャンスを有効に使っておきましょう。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す