そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

成田や羽田に行くのに便利?アパホテル千葉印西牧の原駅前に泊まってみた

calendar

千葉県印西市は千葉ニュータウンが再開発されて、再び活気を取り戻しつつある千葉県北西部の市です。

日本の中でもかなり高い料金と言われている北総鉄道の北総線があり、各私鉄などと接続して羽田空港や成田空港に通じる路線で実はアクセスには結構便利な路線です。その北総線の印西牧の原駅南口には、あの有名ホテルチェーンのアパホテルあります。

2017年に出来た新しいホテルで、この近辺にはあまり宿泊施設がないので、ビジネス用途には結構使われているであろうホテルになります。今回、リゾート地でもなく大きな商業エリアでもない印西牧の原に大きくそびえ立っているアパホテルに泊まる機会がありましたので書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

アパホテル千葉印西牧の原駅前について

 

アパホテル千葉印西牧の原駅前は、北総線印西牧の原駅の目の前にあるビジネスホテルです。

印西市にはショッピングモールや企業のコールセンター、物流倉庫やデータセンターなど比較的敷地を多く取るような施設がありますが、観光地ではなく住宅地の部類になります。

これと言って楽しむようなところはあまりありませんので、おもにビジネスホテルらしくビジネス用途で使うことになるでしょう。

そういう場所のアパホテルとは言えども、アパはアパ。きっとすごいビジネスホテルなのだろうと期待したいところです。

アパホテル印西牧の原駅前フロント

新しいだけあって、ロビーもフロントもきれいです。ビジネスホテルだけあってロビーが大きいわけではありませんが、中々立派なたたずまいになっています。さすがアパですね。

エレベータなど

チェックイン&チェックアウトの精算も機械でできるようになっていますね。奥のエレベーターはルームキーをかざさないと動かないタイプです。

アパ階数

作りはシンプルですのでエレベーターの表示もわかりやすいです。コインランドリー、自販機などもあることがわかります。製氷機が2Fですので、部屋でアルコールというのは面倒かもしれませんね。

チェックアウト

チェックアウトも精算が終わっていたり必要がなければ、チェックアウト専用のルームキーを入れるポストがあるのでかなり楽になっています。

客室

客室内もやはりきれいです。勢い良く店舗数を増やしているアパホテルですので、やはりこういう清潔感は重要なのでしょう。エアコンの吹き出し口などもホコリが溜まっていなかったので、新しいことも含めても、なかなか心地よいです。

客室ベッド

ダブルのベッドです。シーリーとの共同開発を行ったベッドということで、なかなか良いものだということです。部屋は広くはありませんが、ビジネスホテルはそういうものなので気にしません。

アパアメニティ

アメニティも充実しています。ブラシ、カミソリ、ヘアゴム、綿棒など基本的なものは揃っています。歯ブラシなどはかなり立派なもので、家で使っている歯ブラシよりも豪華かもしれません。

シャンプー

ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーは資生堂のアメニティらしく。ビジネスホテルでも普通に資生堂のアメニティがある時代なのですね。

エコ浴槽

アパホテルオリジナルのエコ浴槽です。角が丸くなっていて、使うお湯の量が少なく済みそうです。

ガウン

ガウンには和柄の折り鶴が。こういうちょっとしたことが他と違う印象が出るので楽しいですね。

テレビ

テレビは50インチのシャープ製。大きくても32インチのテレビをおいているビジネスホテルが多い中、50インチという大型テレビを壁掛けしているというのは中々です。着替えながらもちらっと画面を見るようなビジネスパーソンのニーズに応えていますね。

Wi-Fi

Wi-Fiも当然あります。LANケーブルも常備しているので、ビジネス用途では心配ありませんね。LANケーブルを常備していないビジネスホテルも中にはあるのですが、そういうところに抜かりはなさそうです。

空気清浄機

今では普通になってきた空気清浄機です。ナノイー搭載型で、直上にはハンガーがあります。服の匂いをナノイーで取るという使い方もできるので、地味に良くできた配置かと思います。

眺望

9Fから北側を見た風景です。駅前ロータリーや印西牧の原駅が見え、さらに奥に一戸建て住宅がならんでいます。その奥は何もなく、遠くに見える山はもう千葉県外です。見晴らしは良いですが、特に何もないとも言えます。

朝食について

プロント朝食

アパホテル千葉印西牧の原駅前のレストランは、1Fにあるプロントです。普段は喫茶営業ですが、朝食時間はホテルのレストランと化します。一般でも1,080円で朝食ブッフェが利用できるので素泊まりプランでも大丈夫です。朝食付きプランは素泊まりの1,000高だったりしますので、素泊まりプランで泊まって朝食は現金支払いというのも有りかもしれません。

朝食ブッフェ1

朝食ブッフェは、ごはん、みそしる、パン、ドリンク、サラダ、ソーセージやベーコンなど、基本的なメニューは揃っています。動線が良くないのですぐに行列ができますが、頑張って並びましょう。

朝食ブッフェ2

鮭の切り身や目玉焼きもありますね。

ドリンク

牛乳、オレンジジュース、ウーロン茶などがあります。コーンフレークもありますので、牛乳と一緒にどうぞ。

時間入れ替え制になっていて、朝食付きプランの場合はチェックイン時に朝食券をもらう関係上朝食利用時間を決める必要があります。そういう意味でも一般利用は良いかもしれませんね。

駐車場について

アパには専用の駐車場があります。基本は宿泊者用になっていますが、駅前駐車場として一般利用も可能です。ですが、一般利用であれば隣のショッピングモール「BIG HOP」のほうが安いので、そちらを使うのも手です。

宿泊者は一泊500円で利用できますので、車利用の場合は参考にして下さい。

チェックイン時に宿泊者がフロントに駐車券を提示すれば500円支払って駐車場無料券をくれます。駐車場を出るときは、駐車券を入れた後に駐車場無料券を入れればOKです。

また、宿泊日にクルマで外に出る用事がある場合でも、一泊500円です。その場合はフロントに申し出て、駐車場無料券をその分もらうことができます。一回500円では無かったのでほっとするところでした。

アパホテル千葉印西牧の原駅前の感想とまとめ

一言で言えば綺麗なビジネスホテルです。

さらにアメニティも比較的豪華、内装も綺麗、ベッドも良い、テレビなどの装備も十分、朝食は普通、チェックアウトも楽、値段も高くないという、全てが平均以上だと思います。値段を考えると、かなり良いビジネスホテルだと思います。さすがアパというところですね。

アパホテルのクオリティがこれであれば、どこのアパホテルも安心して泊まれるという気になりました。

ただ、成田空港に行くという用途ですと、印西牧の原駅は乗り換えをしなければ成田空港に行けないので、そういう意味ではちょっと不便です。羽田は直通があるので、ちょっと残念なところでああります。千葉ニュータウン中央駅前には十分な敷地がないので、印西牧の原駅前に建てたのかもしれません。

そうそう、シャワーなどを使う際、扉を開けたまま使うと火災報知器が反応して館内放送が流れ、さらに救急車と消防車が駆けつけることがありますので、きちんと扉を閉めて入浴しましょう。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す