そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

結構簡単!イオンのセルフレジを使ってみた

calendar

reload

結構簡単!イオンのセルフレジを使ってみた

最近スーパーやファストフード、アパレル系などの店舗でセルフレジを設置しているところが増えてきました。

セルフレジは、セルフで会計をするレジということで、ある意味自動販売機に近いシステムになります。パッと見ると便利なような便利ではないようなちょっと不安になるような気もしますが、実際セルフレジを使ってみるとどのような感じかが気になりましたので、まずはイオンのセルフレジを使ってみることにしました。

スポンサーリンク

セルフレジについて

セルフレジは普通のレジと違い、通常店員さんが行っている「商品のスキャン」「商品の袋詰」「会計処理」を自分で行うものです。一見するとメリットがあるかどうかが分からないときもあるかもしれませんが、買い物をする状況によっては結構便利に使えるのですね。そこで、セルフレジのメリットとデメリットを考えておきましょう。

メリット

  • 自分のペースで会計ができるので気が楽。
  • 普通のレジよりも並んでいる人が少ないので、少ない買い物のときは早く会計をすませられる。
  • 人と話す必要がほぼない。

長い列に並ばずに自分のペースで会計を済ませられるのがよいところです。

デメリット

  • 買い物量が多い場合は非常に面倒くさい。
  • お酒やタバコなどの年齢確認が必要な物がある場合、店員を呼ばなければならない場合があるので面倒くさい。
  • 変な事をするとエラーが出るので面倒くさい。
  • バーコードがないものを買うときが面倒くさい。

などがあります。基本面倒なことがある場合は、普通のレジで会計をしたほうが楽かもしれません。

イオンのセルフレジを使ってみた

イオンのセルフレジも全部同じではありませんが、大まかな流れは一緒ですので参考にはなると思います。

大まかな流れは

  • 事前準備(オーナーズカード、ポイントカード、買い物袋)
  • 商品のスキャン
  • 会計

の3つに分かれます。セルフレジでは特に事前準備が重要ですので、しっかりと行いましょう。

事前準備(オーナーズカード、ポイントカード、買い物袋)

まず、買い物かごを所定の置き場所へ置きます。

セルフレジ:商品置き場

買い物かごを置いたら事前準備を行います。

まず、イオンのセルフレジでは、何枚かのカードを通す場合があります。オーナーズカード、ポイントカード、支払い用カードなど3回通すこともありますので、財布から出す準備もしておきます。

イオンセルフレジ:画面

クレジットカード、ポイントカードなどのカード専用挿入口が画面横にあります。紙幣を入れる場所ではないので注意しましょう。WAONなどの電子マネー決済も画面横のスキャナーを使います。

  • オーナーズカードのスキャン
  • WAONのチャージ

は、この時点で行います。特にオーナーズカードを持っている方は、最優先で読み取らせておきましょう。

そして、有料レジ袋が必要かどうかを決めておきます。有料レジ袋を購入したらその時点で店員さんがレジ袋を持ってきますのでしばらく待ちましょう。レジ袋のセットが終わったら次へ進みます。

また、1~2個など個数が少ない場合は購入済みシールにすることもでき、マイバッグ持参であれば、そちらを選んでセットします。

イオンセルフレジ:ポイントカード挿入

次は、ポイントカードがあれば挿入します。ポイントが付くのはWAON POINTカードかイオンカードの2種類。自分はWAON POINTカードを使いましたが、WAON POINTカードの場合裏面を上にして挿入します。間違えて入れても戻ってきたカードを入れ直せばOKです。

事前準備が済んだらスキャンしていきますが、レジ袋やマイバッグの方に財布を入れっぱなしにしないようにしましょう。財布は自分で持っておくか、バーコードスキャナー横のスペースに置いて、商品とは別にしておきます。セルフレジのシステムとして重量を量っていますので、変化があるとエラーが出る可能性があるのです。

事前準備が重要なのは、こういうところなのです。

商品のスキャン

会計画面

この画面になったらスキャンできますので、バーコードをスキャンしていきましょう。バーコードがない商品(野菜など)は商品選択から選んでいくことになります。

イオンセルフレジ:バーコードスキャナー

バーコードがある商品は、2箇所あるスキャナーを通して、読み込みされたのを確認したら袋に入れていきます。必ず読み込まれたのを確認して袋に入れていきましょう。大きい商品など、このスキャナーで読み込めないバーコードがあれば、右側にもハンドスキャナーがありますのでそれを使いましょう。

商品をすべてスキャンや選択し終ったら「お支払へ」へいきます。

会計

支払合計を確認して支払いをしますが、事前にポイントが使えるカードを読み込ませていたらポイントを使うかどうかを聞かれますので、まずはポイントをどうするかを決めましょう。

ポイントの処理が終わったら、会計方法になります。現金、クレジットカード、電子マネーの種類などいくつもあるのでいずれかを選びます。選んだカードによっては、ここで決済が終了します。

今回は現金にしてみました。

イオンセルフレジ:お金を入れる

まずは硬貨を入れます。これによって、980円の会計で1,080円支払って100円お釣りを貰うということができます。最初にお札を入れると、この技が使えませんので小銭が増えることになります。支払額以上の現金が入ればそこで精算され、お釣りがあれば出てきます。

イオンセルフレジ:レシート

お釣りとレシートは必ず持って帰りましょう。何かあってもレシートが無いと対応してくれませんので、いざというとき困ります。お釣りとレシート、カード類を忘れずに回収して、買い物袋をそのまま持ってセルフレジを後にします。

もし、買い物袋やマイバッグではなく精算済みのシールにするのであれば、レシートと商品を持って出口のスタッフのところに行きます。そこでバーコード付近にシールを貼ってもらいましょう。

以上でセルフレジでの手順は終了です。

まとめ:イオンのセルフレジは状況によっては非常に便利

セルフレジは自分で会計まで行うので面倒かもしれませんが、少ない買い物であればセルフレジのほうが並ばずに買えることが多いので、ストレスがたまらないかもしれません。

店員さんが居ないと思いがちですが、イオンのセルフレジに店員さんは居ますので、画面にある「係員呼出」をタッチすれば来てくれます。最初は戸惑うかもしれませんが慣れれば簡単ですので、特に少ない買い物のときは利用してみてください。

スーパーでペットボトル1本や食パン1つなどを買うのに気が引けていた人には便利に使えると思いますよ。



スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す