天皇が即位する2019年の国民の祝日・国民の休日・振替休日

日章旗 生活

多くの方は、国民の祝日や国民の休日など、休みの日が気になるかと思います。

2019年は天皇が退位され元号もかわり、それにあわせてえ国民の祝日にはいくらかこ変化がでてきます。2019年は例年とは明らかに違うところがありますので、ここにメモとして書き記しておきたいと思います。

2019年の国民の祝日、国民の休日、振替休日

2019年の国民の祝日、国民の休日、振替休日は22日あります。今年限りのものもあるので、例年よりも少し多くなっています。

  1. 元日:1/1
  2. 成人の日:1/14
  3. 建国記念の日:2/11
  4. 春分の日:3/11
  5. 昭和の日:4/29
  6. 国民の休日:4/30(天皇即位の日に付随して2019年のみ)
  7. 天皇の即位の日:5/1(2019年のみ)
  8. 国民の休日:5/2(天皇即位の日に付随して2019年のみ)
  9. 憲法記念日:5/3
  10. みどりの日:5/4
  11. こどもの日:5/5
  12. 振替休日:5/6
  13. 海の日:7/15
  14. 山の日:8/11
  15. 振替休日:8/12
  16. 敬老の日:9/16
  17. 秋分の日:9/23
  18. 体育の日:10/14
  19. 即位礼正殿の儀の行われる日:10/22(2019年のみ)
  20. 文化の日:11/3
  21. 振替休日:11/4
  22. 勤労感謝の日:11/23

内訳は国民の祝日が17日、振替休日が3日、国民の休日が2日です。

天皇関連の祝日が2日増えて1日(天皇誕生日)減り、振替休日と国民の休日が増えているのでかなり多いです。

2019年で特筆するべき休日

2019年で特筆するべきは、「天皇の即位の日および即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」によって加えられた5/1と10/22です。

天皇の即位の日:5/1(2019年のみ)

ゴールデンウィークを大型連休にするということで、5/1に設定された天皇即位の日です。

4/27(土)~5/6(月・振替休日)までの10日間が休みという、かなり派手なものになっています。

  1. 4/27(土)
  2. 4/28(日)
  3. 4/29:昭和の日
  4. 4/30:国民の休日
  5. 5/1:天皇の即位の日
  6. 5/2:国民の休日
  7. 5/3:憲法記念日
  8. 5/4:みどりの日
  9. 5/5:こどもの日
  10. 5/6:振替休日

祝日に挟まれた日は国民の休日になるということで、昭和の日と天皇の即位の日に挟まれた4/30、天皇即位の日と憲法記念日に挟まれた5/2も休みとなります。

即位礼正殿の儀の行われる日:10/22(2019年のみ)

即位礼正殿の儀は、天皇が即位したことを国内国外に伝える儀式です。

この大切な儀式を行う日も休日にすることになりました。土日と絡まない日ですので国民にとっては普通の祝日となります。

天皇誕生日(2018年まで12/23)

2019年は天皇誕生日がありません。5/1の予定通り即位された場合、新しい天皇の誕生日は2/23ですので、すでに2019年の誕生日は過ぎています。

ですので天皇誕生日が2/23に変わるのは2019年からではなく2020年からとなります。

2019年は休日が多くて良いかも

2019年は天皇即位と振替休日が多めということで、1年間で22日もの休日があります。

特にゴールデンウィークは10連休というかなり大きなものになるので、どのように過ごすかを今から考えても良いかもしれませんね。

また、2020年はオリンピックイヤーということで、祝日にも日程変更がありますので、改めて気をつけておきましょう。

コメント