2018/01/15にフリーテルが楽天モバイルに吸収完了

プラスワン・マーケティング発送物 フリーテル

わが家では格安SIMの契約を、楽天モバイルとフリーテルの2社で行っていましたが、フリーテルが破綻して楽天モバイルに吸収されたということで、「新しいSIMは楽天モバイルと違う格安SIMにしよう!」と思ってフリーテルにしても結局楽天モバイルになるという珍事になりました。

契約なども特に変更することもなくそのまま楽天モバイルにうつるということで、メールなどを見なければいつ楽天モバイルになったかもわからないという、なかなかスムーズな対応で何よりです。

後々プランの廃止などがあるかもしれないという不安を抱えつつも、楽天モバイル(旧FREETEL SIM)を使うことになっていきますね。

フリーテルの撤退は、個人的には非常に残念ですが仕方ありません。フリーテルユーザーとして、今回の出来事をちょっとだけ書き置きしておきます。

楽天モバイルにフリーテルの携帯電話事業が譲渡される大まかな流れ

フリーテルは広告も結構派手に行っていて、コミコミプランなどのセットプランを全面に出したり、使っただけ支払うプラン、SNSなどのフリーカウントサービスでユーザーを獲得してきました。

格安SIM事業は結構採算が取りにくいということで各社淘汰も始まっており、フリーテルも例外ではありませんでした。スマートコミコミ+での大騒ぎなどの影響もあってか、その頃にはすでに携帯電話事業の譲渡先を探していたということで、数ヶ月後には楽天モバイルに事業を譲渡するということに落ち着きました。

譲渡先の楽天モバイルは、さすが楽天グループということで、企業としての力が桁外れですので、フリーテルユーザーも驚いたとは思いますが、サービス終了にならずに継続して使えるようになったのは喜ばしいことです。

携帯電話事業は楽天に譲渡、端末販売とフリーテルブランドはMAYA SYSTEMに譲渡して、経営会社のプラスワン・マーケティングはサポートなど幾つかを受け持ちます。

数少ない注意点

フリーテルが楽天モバイルに移行したということで、話し放題のシステムが変わります。

楽天でんわに切り替わるので、フリーテルのかけ放題を使っていた人は、2018/02/01からは楽天でんわを使うことになります。オプションの当月解約が1/25までですので、それを超えないように解約手続きをおこないましょう。1/26以降に解約ですと、2月末で解約になってしまいますよ。

自分は使っただけプランのデータSIMですので、まったく関係がないので忘れていました。

通話し放題が使えなくなると大変ですので、気をつけましょう。

楽天モバイルにおけるプラン名称変更

楽天モバイルに譲渡されたということで、プランやサービスの名称が変わっています。内容は変わりませんので特に気にする必要は無いかもしれませんね。

料金プラン「FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン」データ専用「使った分だけ安心プラン」データ専用
「FREETEL SIM使った分だけ安心プラン」音声通話付「使った分だけ安心プラン」音声通話付
「FREETEL SIM 定額プラン」データ通信専用「定額プラン」データ通信専用
「FREETEL SIM 定額プラン」音声通話付き「定額プラン」音声通話付き
オプションFREETELあんしんセキュリティパックあんしんセキュリティパック
データ復旧サービス for FREETELデータ復旧サービス for楽天モバイル(旧FREETEL SIM向け)
つながる端末保証 by FREETELつながる端末保証 by 楽天モバイル(旧FREETEL SIM向け)
FREETELでんわ だれでもカケホーダイだれでもカケホーダイ
SIMニコニコSIM(仮)powered by FREETELニコニコSIM(仮)powered by 楽天モバイル
YAMADA SIM PLUS powered by FREETELYAMADA SIM PLUS powered by 楽天モバイル

FREETELの文字がだいぶ消えましたね。実際のところ、普通に使う分には気にならないと思いますので、忘れても良いかもしれません。

まとめ

約半年前に発表された、フリーテルの楽天へ譲渡する話がようやく完了したようです。フリーテルの件は、いくら有名格安SIM業者でもなにかあれば撤退するという、ひとつの格安SIM業界の事件でした。○

コメント