そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

ハワイアンズ巨大スライダービッグアロハがオープン!2時間待ちも!

calendar

reload

ハワイアンズ巨大スライダービッグアロハがオープン!2時間待ちも!

2017/07/21に福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズで、建物10階ほどの高さがある巨大ボディスライダー「ビッグアロハ」がオープンしました。

テレビCMも流れているのでご存じの方も多いかと思いますが、日本最大のウォータースライダーが夏休みの初日からオープンするという非常にわかりやすい日程なので、学生たちがかなり詰めかけているようです。

ハワイアンズに行く前に、ビッグアロハはどのようなものかをおさらいして、常夏のハワイアンズでボディスライダーやプールで遊びまくってみましょう。

スポンサーリンク

スパリゾートハワイアンズの「ビッグアロハ」概要

ビッグアロハは、ハワイアンズの未来構想の中の最初の建築物で、日本でも最大のボディスライダーと謳っています。

高低差40.5m(ビル10階ほど)、スライダー長283mというもので、さすがに既存のハワイアンズの建物には入りませんので、ビッグアロハは屋外に設置されています。

ハワイアンズビッグアロハ外観

ハワイアンズに行く途中の道路からもビッグアロハは見えます。外側に階段が見えるので、気合を入れて登る必要があるかもしれませんね。

ビッグアロハ模型

モノリスタワーにあったビッグアロハの模型です。赤い塔から滑り降り、ハワイアンズがある場所からさらに下に降りていくようです。

ビッグアロハ模型上

人が小さいですね。1/50模型でも80cmはあるのですが、少々スケール感を失ってしまいます。2本のラインが出ていて、ウェーブライン、スパイラルラインと2種類あるようです。模様や動きがそれぞれ違うので、違いを楽しむのも良いかもしれませんね。

ビッグアロハ模型下

スライダーの出口です。非常にシンプルですが、実際どのような運用になるのかは運営しながら変更されていくでしょう。

ビッグアロハ模型階段

そして、また階段です。単純計算すると9~10階分ほどの階段を登ることになるのでしょうか。体力勝負がありありと感じます。

ビッグアロハ模型

人が滑るチューブが全体をみるとこの細さになっています。かなり大きいスライダーですので、気合で階段を登って楽しみましょう。

スポンサーリンク

ビッグアロハの料金

基本料金は500円です。さらに回数券もあるようで、6回券は割安になっています。

【料金】
ビッグアロハ6回券 2800円
ビッグアロハ4回券 2000円
ビッグアロハ1回券 500円
クイックパス1回券 800円
※クイックパスとは? 営業時間内であればいつでもご利用いただける優先券です。時間指定の事前購入はできません。

ビッグアロハの注意点

さすがにボディスライダーは危ないので、注意点が色々あります。

体重制限は135kg以上は駄目ということで、ハワイアンズにあるほかのスライダーよりも頑強の造りようですね。

【ご利用上の注意】
※身長120cm未満の方(プールサイド設置の身長計規定ラインに達しない方)のご利用はできません。
※体重が135kgを越える方のご利用はできません。
※お子様を抱いた状態での滑走はできません。
※高血圧、低血圧、心臓疾患、妊婦、酒気帯び 及び 首・肩・腰に病気や異常のある方のご利用はできません。
※高所恐怖症の方(高い場所が苦手な方)のご利用はできません。
※体調がすぐれない方、及び 泳げない方・滑りに自信がない方のご利用はできません。
※腹ばい、頭からの滑走はできません。
※メガネを身に着けての滑走はできません。専用置場をご利用下さい。
※時計、履物、アクセサリー、自撮り棒などを身に着けている方のご利用はできません。
※水着以外のものを着ている方のご利用はできません。
※飲食物の持ち込みはできません。
※カメラの持ち込み、撮影しながらの滑走はできません。

撮影も禁止になりますので、Youtubeに載せたくてもルール上はちょっと無理ですね。

事前に注意事項を確認の上、すぐに列に並べるように準備をしておきましょう。メガネはほぼ飛んでしまうので駄目ですが、しっかりとフィットするゴーグルは大丈夫のようです。むしろ、水が大量に流れるのでゴーグルが無いとほとんど前が見えない場合があるそうです。

ハワイアンズでのビッグアロハの位置

ビッグアロハの位置はスプリングパークにあります。

ビッグアロハ道順

入り口(2F)からスプリングパークへ直行して、ステージがあるところから階段を1階上がると入り口になります。更衣室を使ったのであれば、3Fからすぐに2Fに降りてから行くことになりますね。

ビッグアロハ入り口

7/20時点では閉まっていて入れませんでしたが、この先に赤い塔が透けて見えてますね。7/21にゲートが除幕されて派手なロゴが現れていることでしょう。

この後は階段を頑張って登っていくことになりますね。

2017/08/01からスパリゾートハワイアンズの料金は値上げ

日帰りであれば、ハワイアンズに入場料を支払って入ることになります。ビッグアロハのオープンから約10日後の2017/08/01に価格改定があって値上げされています。

大人(中学生~) 小学生 幼児(3歳~)
通常 3,500円 2,200円 1,600円
15時以降 3,000円 1,900円 1,400円
18時以降 2,800円 1,800円 1,300円
平日ミドル 1,750円
障害者割引 1,750円 1,100円 800円

ざっくりと1割位の値上げになっています。ビッグアロハを楽しむには、ハワイアンズ入場料とビッグアロハ利用料、そして交通費がかかりますので、思い切り遊び倒すようにしましょう。

年間パスポートも、21,600円から43,200円と2倍の値段になっていて、今までは6回来れば元は取れましたが、これからは13回来ないと元が取れないようになりました。地元の方にとっては残念な改定になっています。

我が家では宿泊前提で株主優待で行くことにしていますが、そちらも料金改定があるかもしれませんね。

まとめ:ビッグアロハを楽しもう

スパリゾートハワイアンズの日本最大のボディスライダーがオープンして、夏休みにはかなり盛況になると思います。オープン初日は120分以上の待ちがでているようですので、暫くの間は階段でじっと待つ必要があるかもしれません。

料金は500円ということで、スパリゾートハワイアンズのスライダーの中でも単品価格だけで言えば高くはありません。割引券もあるので、何度も乗る方などは多少お安く利用もできます。

スパリゾートハワイアンズの目玉がひとつできたということで、近隣の方々は一度ビッグアロハを楽しんでみてはいかがでしょうか。ボディスライダーが好きな方は、ぜひ日本一のビッグアロハがあるスパリゾートハワイアンズへ行きましょう。

夜であれば比較的空いているので、宿泊して行くのであれば待ち時間も少なめで済むようです。

楽天トラベル:スパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズ



スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す