そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

テザリングオプションとは?地味に格安SIMのうれしいところ

calendar

大手キャリアのいくつかにはテザリングオプションというものが存在しています。テザリングは人によっては無くてはならない機能になっていますので、多少高くても使わざるを得ない時もあります。

以前キャンペーンでテザリングオプションが無料と言っても、いつキャンペーンが終了するかもわからない状態ですので、ただでさえ高い料金が更に高くなるのを不安視しているユーザーも多いようです。

テザリングとは何か、テザリングオプションとは何かという、わかりにくい点を抑えておいて、今後必要になる時のために一度チェックしておきましょう。

スポンサーリンク

テザリングとは

テザリングとは、簡単に言うとスマートフォンやケータイが「無線LANの親機になる機能」です。通常家の無線LAN親機は、スマートフォンや携帯ゲーム機などと接続すると、家のインターネット回線を使ってネットを利用できるようになります。

スマートフォンなどのテザリングの場合、テザリングするスマートフォンが「無線LANの親機」になって、他のスマートフォンや携帯ゲーム機などを接続すると、テザリングするスマートフォンの回線を使ってネットをりようできるようになります。

つまり、テザリングするスマートフォンがネットに繋げる状態であれば、外出先でも携帯ゲーム機などで無線LANを利用することができるという、使い方によっては便利な機能なのです。

他にも、カーナビの地図データダウンロードや交通情報を得ることに使ったりと、今はテザリングを利用するのは珍しいことではありません。

このテザリングするだけの機能を持つものは「モバイルルーター」と言われる機器になります。

テザリングオプションとは

テザリングをする人のために携帯キャリアはテザリングオプションを設けました。今はauとSoftBankの一部のプランにテザリングオプションが残っていて、概ね500円~1000円になっています。docomoは今はありませんが、テザリングを使うとパケット通信定額料が跳ね上がるという変な仕様も一部で存在しています。

テザリングをするためには上乗せ料金がかかるというのは、インターネット通信をできるだけして欲しくないという、大手キャリアの意地悪とも言える策なのです。

しかし、格安SIMが広まってくると、テザリングは標準的には当たり前の機能になってきました。格安SIMが出始めたときはテザリングには別料金がかかるかもしれないという不安が結構あったのですが、今ではテザリングは追加料金も何もなく、当たり前のようにできる機能という認識になってきました。

この流れは今までテザリングオプションを設定していたキャリアも無視できないところまできているようです。

今後の流れ

格安SIMでテザリングが当たり前になった今の世の中では、auやSoftBankもテザリングオプションがかからないプランも多くして、料金も下げるという状態になりました。私のように地味にテザリングオプションを嫌っていた人もいるので、早く無くなって欲しいと思いっていますが、まだまだ先の話のようです。

まとめ:テザリングをするなら格安SIMがお手頃

格安SIMが出てきて安価でテザリングし放題になってきたので、大手キャリアやモバイルルーターを扱っている業者は結構格安SIMにユーザーが流れていったようです。

大手キャリアも通信スピードの速さをウリに頑張っているとは思いますが、そのスピードに見合った価格があるかどうかが重要で、そんなにスピードが必要ないユーザーは格安SIMに流れていくのは仕方ありません。

つまり、これからテザリングをすることになるのであれば、モバイルルーターだけではなく格安SIMを選んで使うときなのかもしれません。高性能な回線+モバイルルーター、安価な格安SIM+格安スマートフォンという選び方もできるようになってきたので、納得できるものを選べる可能性が増えたことは喜んで良いと思います。

テザリング利用も以前に比べて安くできるようになったという、地味な格安SIMの良いところのひとつを、何かの時に使う為、頭の隅に残しておいて欲しいと思います。

おすすめ記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す