そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

ドミノ・ピザの持ち帰りでピザ用保温バッグを購入して使ってみた

calendar

ドミノ・ピザのCMで、「店頭で1枚買ったらもう1枚タダ」のようなフレーズがあります。店頭でピザを購入すると、2枚買えば1枚無料になるというもので、最近の宅配ピザ業界ではお馴染みのものになりました。

そのCMをみると、店頭購入したときのお客さんが持っているピザの袋が何やら黒いバッグになっているのですね。ビニール袋に入っているのであれば、黒いバッグではないので、それとは全く違うものということになります。

この黒いバッグは何かというと、ドミノ・ピザ店頭で販売している保温バッグなのですね。ピザ専用で作られた保温バッグなのですが、このバッグはピザを入れるのにどのような特徴があるのかをここに書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

ドミノ・ピザ保温バッグの特徴

ピザを入れる為に開発されているであろう、ドミノ・ピザの保温バッグですが、はやり機能的になっています。ピザを運ぶために当たり前とも言えますし、さすがとも言える点があります。

内側がアルミ蒸着シートになっている

ドミノ・ピザの保温バッグは、内側がアルミ蒸着シートになっています。冬場に活躍するアルミ蒸着シートと同じような素材になっているので、保温性が高いです。実際30分ほど経ってからピザの箱を開けたのですが、まだ熱々でした。ダンボール生地のピザボックスと保温バッグの2重の保温効果で、ピザの温度が下がりにくくなっているようです。

水平に持つことができる

当たり前といえば当たり前ですが、ドミノ・ピザの保温バッグは、水平に持つことができます。普通のトートバッグのような持ち方もできますが、持ち方を変えるとピザを入れた時に水平にして持つことができるようになっています。テレビCMで黒いバッグは水平に持たれていましたので、ある意味本来の持ち方になりますね。

ドミノ・ピザ保温バッグ説明

ピザを入れた状態で、中央部分の持ち手を持つと、ストッパーが持ち手を支えてバッグを水平に保つことができます。しかも、Lサイズのピザが2枚入る大きさになっているので、2枚買うと1枚タダというウリにも対応できるようになっています。多少持ちづらいところはありますが、水平に保つことができる保温バッグというなかなか機能的なものになっていますので、良く店頭でピザを買う人にとってはかなり嬉しいアイテムだと思います。

500円の割引券がついてくる

ドミノ・ピザ店頭500円クーポン

直接的な性能では無いのですが、500円(税別)の保温バッグを購入すると、次回から店頭で使える500円割引クーポンがもらえます。つまり、殆んど損はないということになります。有効期限はあるものの500円ほどの保温バッグを購入すると500円のクーポンがもらえるというのは、なかなか良くできていると思います。

ドミノ・ピザの保温バッグを購入する人は、次も店頭で購入する人がほとんどだからですね。そういう人であれば、500円クーポンも期間内で使えることになりますし、ピザも冷めにくくなるので購入しやすくなっているのです。

使ってみた感想

ピザを2枚購入してバッグに入れて持ってみましたが、片手で持つというよりは両手で持ったほうが安定します。このバッグを片手で楽に持てるくらい取っ手を長くすると、水平が保ちづらくなる可能性が増えて、ピザが崩れるかもしれません。トートバッグのように持つときと水平で持つときのバランスを考えると、結構よくできていると感じます。

保温性能はそこそこあると思います。バッグ越しでピザの箱を触ってみてもやけどするような事はありませんでした。つまり、熱々のピザを入れてもじんわりと熱が伝わってくる感じですので、保温性のは結構あるのだと思います。ピザはできるだけ熱いうちに食べるほうが美味しいので、保温バッグは結構役に立つアイテムかもしれません。

自分はかなり気に入っていますよ。

まとめ:保温バッグは他でも使うのであればあり

ドミノ・ピザの保温バッグは、内部が所謂アルミシートになっているので、保温効果はそこそこあります。

普通のバッグのように持つこともできますし、ピザを入れて水平に持つこともできますので結構取り回しが便利です。もちろん、水平に持つという使い方があまり無いのであれば、わざわざドミノ・ピザの保冷バッグではなくても良いのですが、結構良い出来に感じますので、興味がある方はドミノ・ピザ店頭でチェックしておくのもよいと思います。

極端な重量物には使えませんが、ちょっとつめたいものや暖かいものを入れるのであれば他の用途でも十分使えると思いますので、興味があればドミノ・ピザ店頭でチェックしてみてくださいね。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す