そんなタコわさびの日々

毎日ゆるゆる働いている自営業を営むタコわさびのブログ。日頃あったことや車のこと、ネットの事とか書いてます。

大型台風が直撃?自然の脅威である台風から身を守る

calendar

reload

大型台風が直撃?自然の脅威である台風から身を守る

日本では台風がよく通ること当たり前の話です。

通常は壊滅的な状況にはなりませんが、場合によってはかなりの被害が出ることもあり、毎年夏場は油断できない自然現象です。

日本にいる以上、台風対策もある程度あったほうが良いと思いますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

災害としての台風の性質

災害として起きるものはいくつかあります。

地震、火災、水災、風災が主だったものになります。

台風は水災と風災が合わさったものになるので、洪水や冠水などの対策、突風や飛んでくる物や飛んで行く物への対策が主だったものになります。

水災に関して

現実として、住んでいる場所や今いる場所が水で埋もれるかどうかが重要になります。

床上浸水が多いところ、川が近くにあって決壊すると大変なところ、道路など冠水し易い場所などは水が上がってくる前に、できれば早めに移動する必要があります。

ですので、大きな台風が来ると思われる場合は、念のため避難できるように旅行に行く程度の荷物をまとめて置いたほうが少し安心です。

また、崖の近くなど崩れやすい場所も危険ですし、かなり大きい被害が出ることがあるので、避難ルートや手段も考えておく必要はあります。

なお、クルマで移動は結構大変になります。

風災に関して

風災は、風で自分や物が飛んで行ってしまって川などに落ちたり、倒れて怪我することもあります。さらに飛んできた物がぶつかって怪我することもありますし、家が飛んでしまうこともまれにあります。

危険がかなり大きく、移動がそもそもできない状況になるので、風が落ち着くまでおとなしくしていることが多くなります。クルマ移動は難しいです。

台風に関して

水災の性質と風災の性質2つをもっています。

川の近くも危険ですし、外に出ること自体も危険です。自分がいる場所が安全であれば、できるだけとどまっていたほうが良いです。仕事などで外出している時には、できるだけ安全な建物に入り、危険が通りすぎるのを待ちましょう。

クルマ移動は、風で煽られる上に雨もクルマに当たり、さらに路面も水が流れて滑りやすいので、かなり不安定な走りになります。冠水にぶつかって移動できなくなることもあり、クルマ移動は全くオススメできません。

そして、台風の厄介な点は、台風が通りすぎるまでの何時間かは継続的に脅威が存在していることです。その間は常に危ないので、行動がずっと制限されます。

その間、途切れる可能性が高いライフラインが電気です。都市ガスと上下水道は大丈夫とは思います。停電すると現代の生活ではかなりの制限がかかりますので、そこを踏まえておきましょう。

さらに、台風が過ぎたとしても、道路が通れなくなって流通網が弱り食料などの物資が補給できない(買い物できない)ことも考えられます。

ですので、毎年日本を通る台風は、決して安心できるものではないのですね。

まとめ

台風も地震などの災害と同じように、ある程度の心構えといざという時の準備をしておく方が良いです。

地震のようにいきなり来るものでは無いので、そういう意味では改めて準備しやすいといえます。

台風では基本は外には出られないと思って、家の中である程度避難生活ができるくらいの物を揃えておくほうが安心できます。家なら着替えはあると思いますので、水や食料などの備蓄、あとは電池などで使える照明ですね。

ペットボトルやお茶をケースで揃えておいたり、ある程度日持ちする食べ物(カロリーメイトなど)やカロリー高めのお菓子(チョコレートなど)を用意しておくと、多少お腹は空くかもしれませんが、台風くらいの期間であれば乗りきれると思います。

外出していて台風で動けなくなった場合、できるだけエネルギーを使わず残しておき、状況が落ち着くまではおとなしくしておきましょう。

日本に住んでいると結構慣れっこになってしまっている台風ですが、局地的、広範囲問わず大きな被害がでる可能性がありますので、決して甘く見ずに災害が起きる可能性があるものとして捉えておき、より安全で安心できるように準備をしておくことをおすすめします。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す